即日審査の本審査が通らない理由とは。

レイクALSAは日本を代表する有名なキャッシング会社の一つです。即日対応でお金を貸してくれる会社なので、即日審査や即日融資も十分に可能です。しかし実際に自分が申し込んで審査に通るかどうかは、当然、結果を見るまでは分かりません。

 

ですから残念ながら審査に通らなかったとしたら、まずは冷静に原因を探ってみることが大切です。もしも原因が明らかになれば、次回は無事に審査に通るようになれるかもしれないのです。

 

レイクALSAはキャッシング業界の中でも特に審査が早くて、スピーディーな借り入れができることで広く知られています。その具体的な手続き方法で代表的なものは、まずは公式ホームページにある「お借入れ診断」という無料サービスを利用することです。この診断は、要するにキャッシングの仮審査のようなものです。これによって実際に借り入れが可能かどうかが、その場ですぐに分かるのです。

 

このお借入れ診断に無事に通ったら、次はいよいよ本審査となります。ただし即日融資を受けるなら、基本的にインターネットでの契約が必要になります。まずはEメールかFAXを用いて、本人確認書類を送信して本審査を受けます。そして無事に審査に通ったら、自分の預金口座などに即日でお金を振り込んでもらうことができるのです。これが即日融資の基本的な流れの一つです。

 

しかし現実の申し込み手続きや審査を冷静に見回してみると、審査に通って即日でお金を手に入れることが出来た人もいれば、審査に落ちてしまった残念な人もいます。審査落ちの人とは、一体何が原因で落ちてしまったのでしょうか。その原因は幾つか考えられます。

 

しかし最も考えられる原因としては、お借入れ診断や本審査の際に虚偽申告をしてしまったような場合です。たとえば貸し付け条件の年齢制限などに引っ掛かってしまっているのに、嘘をついて強引に申し込んだような場合です。また、他社からの借り入れ件数は1件であり、借り入れ金額は10万円と申告したのに、実際は借り入れ件数は3件で借り入れ総額は100万円を超えていたような場合も、審査に通るのは難しくなってしまいます。そのような嘘は、個人信用情報機関によってすぐにバレます。

 

とにかく嘘はいけません。虚偽申告は犯罪になってしまう可能性もありますので、絶対に慎みましょう。もちろん、本当は年収100万円しかないのに300万円だと偽ったりすることも厳禁です。一度虚偽申告などをすると、その後、二度と信用してもらえなくなってしまう危険があります。