最短即日融資可能なレイクALSAで融資停止になる時の理由

レイクALSAでは即日融資が可能です。銀行融資といえば低金利なのが強みですが、その反面では審査がきびしいとされているのがネックです。そのため即日融資が可能なケースは多くはないのですが、レイクALSAはそれを叶えてくれます。スピード審査を可能とするインターネット申し込みをはじめとして、借入れや返済まであらゆる取り引きがインターネットから利用できます。また、『お借入れ全額30日間無利息』または『お借入れ額5万円まで180日間無利息』が用意されており、お得な無利息期間があるのです。

 

さて、こんな利便性の高いレイクALSAですが、もちろん融資商品なので正しく使用していかないと融資停止の処分を受けることにもなってしまうでしょう。そのため気を付けて利用していってください。

 

レイクALSAに限らずですが、利用限度額の枠が残っているにもかかわらずカードローンが突然使えなくなったという債務者は少なくありません。アテにしていただけに急に借りられなくなるのは困りますが、借入れできなくなる場合はきちんと理由があります。

 

融資停止の可能性として考えられる理由は以下の通りです。

 

信用情報による問題、借入残高と借入件数による問題、完済による問題があります。信用情報とは、債務者の借り入れにおける信用のことです。返済を正しくできている人は信用アリと判断されますが、延滞や遅延などをしている人は信用ナシと判断されます。単純に考えて、お金を返してくれない信用ナシの人に融資をする会社はどこにもありません。

 

こうした情報は、他社の利用状況を含めて全て個人信用情報機関で管理されています。個人信用情報機関で記録されている情報は全ての金融機関や貸金業者などで共有されているので全て知られてしまうでしょう。
ただ、延滞などをしても1ケ月程度だったり、担当者と連絡を取り合い対応している場合は影響しないとも言われています。

 

また、借入残高と借入件数も信用情報の一部です。借入額や借入件数が増えると返済に影響する可能性が考えられるので、場合によっては融資が停止されます。返済をきちんとしていて借入額や件数も増やしていない場合に停止されたら、長年にわたり完済できないのが問題かもしれません。利用限度額の範囲で繰り返し利用できるとはいえ、継続的に借入れを続けて完済までたどり着けない場合は生活が苦しいのか、お金使いが荒いのか、どちらにしても良い想像はできません。

 

そのため今後のリスクを考えて停止することもあります。